さいたま新開橋クリニックは、 「腹部・胃・大腸・肛門・骨盤底疾患」を専門的に診療します(手術室・入院設備あり)。
胃・大腸の検査や手術をお考えの方はご相談ください。
眼科部門は火曜日を除く午前中の診療となります。
地域医療のため、風邪などの急病から検診・人間ドックまで行います。

専門に特化しながら全人医療を目指します。
さいたま新開橋クリニック (医療法人)
[さいたま しんかいばし くりにっく] 埼玉県さいたま市西区宮前町408‐1 電話048-795-4760
| top page | 来院の仕方 | concepts | 地図 | 料金 | 休診のご連絡 | 看護師急募情報 | 眼科はこちらから |スマホ専用|

外来の予定表はこのページの最下段にあります。


★ 検査枠増加により胃内視鏡検査は1週間以内のご予約が可能です。大腸内視鏡も1-2週間でご予約ができます。
症状のある方は当日検査にも積極的に対応します。★

応募される看護師さんは直接お電話ください。現在、若干名募集しています。
レセプト専門の事務職を1名募集しています。お電話ください。


腹部部門 内科 外科
大腸内視鏡検査(大腸カメラ)も月曜から土曜まで検査可能です。
症状のある方は急患扱いで急いで検査しています。
当院は痛くない大腸内視鏡検査を目指します。
血便などの症状のある方の大腸がん検査(大腸がん検診)はさらに急いで検査を行っています。

便潜血検査が陽性で大腸内視鏡検査をご希望の方(大腸がん二次検診)と、前年大腸内視鏡検査をして1年後の経過観察の方は、電話で大腸内視鏡検査の予約を承ります。(しかし、持病をお持ちの方と症状のある方は検査前に必ず診察をお受けください)
大腸内視鏡検査の電話予約月曜〜土曜の午後2時から6時まで、048-795-4760へおかけください。
最新のカプセル内視鏡と最高機種のレーザー内視鏡を導入しています。
小腸カプセル内視鏡は、今まで検査することが難しかった小腸を全く苦痛なく検査することが可能です。
レーザー光内視鏡で、胃と大腸も今まで以上に鮮やかに映し出すことができます。
大腸内視鏡は
炭酸ガス(二酸化炭素)を使用し検査後の腹部の張り感を防止しています。胃腸壁の洗浄は当院開発の大容量洗浄送水器を用い、洗浄液にはミントオイルを使用し、胃腸
の固有筋のリラックスを図り、より快適な検査を提供してます。


近日中に大腸カプセル内視鏡検査も導入する予定です。どうしても従来の内視鏡検査ができない方が、保険適応対象となります。
ジオンの4段階注射療法
(内痔核の注射ALTA療法は日帰り手術で行っています。)
インフルエンザ以外の各種ワクチン予防接種は電話予約で(電話予約は午後2時から午後6時におかけください。)
(048-795-4760)。

2016年度さいたま市検診が始まりました。
さいたま市検診は年度後半は大変込み合い予約が取れないことがあります。早めの検診をお願いします。
内痔核、痔ろう、そけいヘルニア、大腸がん、直腸癌の手術[全身麻酔]などを行っています。
眼科部門
アレルギー・花粉症関係
検診人間ドック(眼底検査)
さいたま市検診
さいたま市検診の予約は電話(048-795-4760)で。
できるだけ午後2時から6時の間にお電話を頂けると助かります。当院の胃がん検診はすべて胃カメラです。バリウム造影は行いません。胃カメラは「鼻から」が主で、希望により「口から」も行っています。
手術部門
大腸癌 直腸癌
そけいヘルニアの手術
新肛門再建手術
内視鏡
楽な経鼻胃内視鏡
眠っている間の内視鏡検査
癌に対する内視鏡的治療(ESD)を開始しました。
CT検査
造影 ヘリカルCT
当クリニック風景
院長紹介 Who's Dr.Sato?

 

提携コンタクト販売店
コンタクト価格
当院の検査・手術実績

院長は、大腸・直腸・肛門・骨盤底と種々の腹部骨盤底疾患の専門家です。

さいたま新開橋クリニック は、大腸と肛門病、骨盤底疾患を専門に診る「腹部・骨盤底部門」に力を入れます。
☆大腸の病気には、大腸癌、大腸ポリープをはじめ、潰瘍性大腸炎、クローン病、虚血性大腸炎、出血性大腸炎、憩室炎などがあります。また、直腸の疾患には、直腸癌、直腸ポリープ、直腸カルチノイド、孤立性直腸潰瘍があります。さらに、肛門病には、内痔核、脱肛、裂肛(切れ痔)、痔ろう、直腸脱出、肛門周囲膿瘍などがあります。それ以外に、括約筋障害があり、また、泌尿生殖器疾患や原因不明の腰痛骨盤痛があります。
☆マルチヘリカルCT検査、超音波検査、大腸内視鏡検査、肛門機能測定検査、小腸カプセル内視鏡検査、鼻からの胃内視鏡検査などの外来での検査や治療から、入院が必要な、複雑で特殊な検査や手術まで、従来の大腸肛門科を超えた、専門性に特化した診療をしていきます。
☆また、直腸癌とストーマに対し、新肛門再建手術をおこなう唯一の施設として、世界に情報を発信していきます。
さいたま新開橋クリニック は、胃カメラを検査用としては、鼻から挿入する最新最高機種のレーザー光線による経鼻胃内視鏡を用いて行います。患者さん用のモニターで大きく写した胃・食道・十二指腸を、リアムタイムに説明しながら検査します。質問もリアルタイムにできます。また、食道の早期がん発見のために最新の特殊光内視鏡〔狭帯域光観察機能BLI(Blue LASER. Imaging)〕で観察しています。
また、胃がん撲滅のためピロリ菌除菌に力を入れています。1次除菌、2次除菌は保険診療が可能です。3次除菌から自由診療(自費)となります。
(なお、胃カメラで胃がんを切除する治療の場合(ESD治療)は、麻酔と入院が必要です。)

☆もちろん、近隣の方へは、普通の病気も診療しています。

副院長は日本眼科学会の専門医です。

Topics【院長佐藤知行Dr.の紹介】 一般報道記事(学術専門誌を除く)

☆ 夕刊フジで「名医50人」シリーズの14番目に紹介されました。
☆ 米国 BWW社刊「21世紀初期の500人の偉大なアジア人」(500 great Asians of the early 21st century) に選ばれました
☆ おやじギャルで有名な漫画家中尊寺ゆつこさんのS状結腸癌にコメントを求められました
☆ 共同通信社などの新聞30紙以上に取材記事が掲載されました。
☆ 日本経済新聞に取材記事が掲載されました。
☆ J−tokkyoに発明品「電気メスライトガイド」が紹介されています。商品化された「電気メスライトガイド」の紹介は、スターメディカル(株)のサイトです。
☆ 日刊ゲンダイで取材記事が掲載されました。
☆ 学研社刊「がん治療最前線」に紹介されました。
☆ レナックス刊「がん治療の正しい知識−22人の名医、研究者に聞いた」に取材記事が掲載されました。
☆ 「週刊アサヒ芸能 」(2006年8月31日発行 第61巻33号通巻3068号)の特集「日本3大ガン最先端治療は.新連載第2回」に写真入りで70ページから71ページに2ページ分のインタビュー記事が顔写真入りで掲載されました。
痔 肛門科の口コミサイトに口コミがありました。
☆日本外科学会から、講演指定依頼があり、2011年春、日本外科学会雑誌で、当院で行っている直腸がん手術と肛門再建に関して、指定依頼にこたえて、誌上発表しました。(講演自体は大震災のため残念ながら中止となりました。)
☆2011年10月2日、京都大学で京都大学大学院生の医師と東京大学病院の医師とともに直腸肛門関係の動物実験手術を行ってきました。手術の詳細は東大形成外科の荒木先生により以下の論文で発表されました。院長もこの論文の共著者の一人です。
Development of a Canine Anorectal Autotransplantation Model Based on Blood Supply: A Preliminary Case Report
この手術は、当院のみで行っている肛門括約筋再建術の発展形で、それに関係する移植手術の実験です。
若い大学の医師とのコラボで精神的な刺激をいただきました。
☆2011年10月24日テレビ取材(中部日本放送)があり、大腸がんの新しい検査法に関する取材を受けました。翌25日の夕方、中部地方のニュースの特集で放送されました。大腸内視鏡検査の撮影に協力いただきました患者さまには感謝申し上げます。この取材は、英国の消化器専門学会誌「GUT」に掲載された山岸和枝先生の(名古屋大学からの)論文に関する取材で、院長もこの論文の共著者の一人です。大腸がんが発生するガスに関する論文で新しい検査法と治療法につながる可能性のある新知見です。
☆2012年10月某日テレビ取材がありました。TBS系で11月4日放映されました。
☆院長の再建手術の最新データ発表は日本病院出版会の『PEPARS(2011年11月号)』の論文です。さらに新しいデータは2012年11月16日福岡での日本大腸肛門病学会総会で発表しました。2013年11月15日東京での日本大腸肛門病学会総会で追加発表しました。2014年7月18日日本消化器外科学会にて福島県で追加発表しました。。
☆2013年6月26日 日刊ゲンダイの「おしえてドクターDoctor Vol.15」に写真入り7段抜きの記事で出ました。(院内に掲示しています)
☆日本外科学会雑誌2015年第1号に「会員のための企画」の巻頭言として、「肛門機能性疾患の新しい治療法によせて」という院長の総説が掲載されました。(日外会誌 116(1): 55.2015)

NHK「ためしてガッテン」神山剛一Dr.が10月1日出演しました。
撮影は当クリニック第1診察室で行われました。
テレビ放映に伴い、便秘と大腸疾患の患者さんが増えていますので、便秘でお困りの方は午後4時からの神山先生の外来に受診されることをお薦めします。なお、神山先生の午後外来は、月曜から木曜の午後4時から6時と第1、第3金曜日の午後4時から6時です。


さいたま新開橋クリニックは、日本大腸肛門病学会の大腸肛門病認定施設です。




診療案内


今月の循環器専門外来は第2第4水曜日午後に行っています。8月10日、循環器専門外来のみ臨時休診となります。

眼科の診療日はご注意ください

外来診療は院長神山医師が二人で行います。
外来予定表はこのページの最下段にあります。

経鼻胃内視鏡検査(鼻からの内視鏡)
は随時行っています
午前

9時から12時
午後

4時から6時
大腸内視鏡
大腸内視鏡
休診

○:午前の外来診療は、9時から12時30分まで。午後の診療は、4時から6時まで。(毎日1時30分から4時までは、大腸内視鏡検査と肛門手術の時間になります。胃内視鏡検査、超音波検査、CT検査は随時行います。)

◎マークは眼科診療時間です。土曜日は不定期ですので電話でお確かめください。また、眼科は検査が必要なためほとんどが予約診療となります。事前にご予
約をお願いします。

◇マークは泌尿器科専門医(非常勤)による外来です。第1と第3土曜日午前中に、泌尿器科専門医による泌尿器科特別専門外来を併診します。

第2水曜日午後と第4水曜日午後に循環器専門医による外来があります。予約可能です。


大きな手術は水曜日の午後と木曜日の午後に予定します。ほとんどの肛門疾患は随時手術しています。

日曜/祝日は休診です。
アクセス(来院の5つの方法)
専門クリニック施設紹介
手術室 CT装置 内視鏡 眼科
病室(個室 4人部屋) 食事
学術、学会上の紹介
 おすすめサイト
 連絡先

【お知らせ】
診断書などの書類の受け渡しに関しまして、郵送によるサービスを中止いたします。外来受診の際に受付窓口にて直接に受け渡しを行ってください。(郵送で送付されても対応しかねる場合がございます。)

各種検査と眼科外来は従来通り予約で行ってまいりますが、一般外来の予約は行っておりません。来院順に診察させていただいておりますが、発熱や急患の方はお申し出ください。急いで対応させていただきます。


常勤医師増と検査枠増加に伴い、
☆ 看護師さんを募集しています。 午前中のみの勤務も可能です。直接お電話ください。 また、眼科視能訓練士と眼科検査補助も募集しています。☆
電話048-795-4760 


外来診察の予定 
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前
9:00

12:30
主に外来を
担当 
院長 院長 院長 院長 院長. 院長
第1第3土曜 Dr小林
(泌尿器科
) 
主に検査を
担当 
Dr神山 Dr神山 Dr神山   Dr神山  第1第3金曜
Dr神山
第2第4第5土曜
Dr神山
午後 院長の外来は午後5:00から 
です。
院長
(検査をしながらの外来です。)
院長
(検査をしながらの外来です。)

院長の外来はありません
(手術をしています)
 
院長の外来はありません
(手術をしています)
院長
(検査をしながらの外来です。)
検査のみ
(外来なし)
午後
4:00

6:00 
 Dr神山  Dr神山  Dr神山 Dr神山 第1、第3金曜
Dr神山
 
        第2第4
水曜

2:00

5:00

Dr松村
(さいたま日赤
循環器科)
  
     
(「休診のご連絡」もご確認ください。)

眼科 診察の予定
/ 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前診療 9:00

12:30
休診 9:00

12:30
9:00

12:30
9:00

12:30
9:00

12:30

(第2、第4土曜休診)
(「眼科のページ」もご確認ください。)

医療法人よしわ会
 さいたま新開橋クリニック All Rights Reserved.
since 2007/Nov/12


スマートフォン版