さいたま新開橋クリニック肛門科では、毎日肛門科の診療:検査と手術を行っています。ジオン注射法は日帰り入院治療で行います。肛門科手術は、手術の種類により1日日帰り手術の場合と数日から1週間の入院手術の場合があります。麻酔は希望により、全身麻酔、腰椎麻酔、硬膜外麻酔のいずれでも可能です。 
さいたま新開橋クリニック 大腸検査と肛門科
[さいたま しんかいばし くりにっく こうもんか] 埼玉県さいたま市西区宮前町408‐1 電話048-795-4760
     | Index | info | news | concepts | map | 肛門科休診のお知らせ |料金
 
腹部部門 内科 外科
消化器科 胃腸科
泌尿器科
痔の手術のひとつ PPHもおこなっています。
失禁・泌尿婦人科
検診人間ドック
眼科部門
アレルギー・花粉症関係
検診人間ドック(眼底検査)
手術部門
手術の必要な肛門疾患
内視鏡
眠っている間の内視鏡検査
CT検査
造影 ヘリカルCT
3DCT
当クリニック風景
Who's Dr.Sato?

 

神山剛一Drの紹介

「さいたま新開橋クリニック」は、2007年開設以来、一般内科や一般外科の疾患を診る一方で、大腸肛門および骨盤底疾患を中心に腹部疾患、消化器疾患を専門として診療しているクリニックです。患者さんの増加と検査・手術件数の増加に対応しつつ、専門施設の少ない骨盤底(ペルビックフロアー)疾患の診療の強化を図るために、神山剛一先生に赴任していただきました。
学問的な専門は大腸肛門の機能性疾患、特に便秘、下痢、失禁、臓器脱ですが、消化器疾患一般に造詣が深く臨床にも長けています。
院長の高校の後輩でもあります。


★神山剛一先生のプロフィール★

さいたま新開橋クリニック ペルビックフロアセンター長

1992年 昭和大学医学部卒業

同   昭和大学医学部付属病院外科学教室所属

1999年 イギリスのセントマークス病院に留学

2005年 昭和大学消化器一般外科講師

20099月大腸肛門病センター高野会くるめ病院

排泄リハビリテーションセンター長

20129月亀田総合病院 ウロギネコロジー副センター長

20137月亀田京橋クリニック診療部部長

20148月より現職

肛門科診療時間

午前

9時から12時
午後

4時から6時
大腸内視鏡と痔の手術
手術  ○
手術 ○ 
大腸内視鏡と痔の手術
内視鏡
休診

○:午前の肛門科外来診療は、9時から12時30分まで。午後の肛門科診療は、4時から6時まで。(毎日1時30分から4時までは、大腸内視鏡検査と肛門手術の時間になります。)
(胃内視鏡検査、超音波検査、CT検査は随時行います。)


土曜午後/日曜/祝日は休診です。


遠くから来院される方へ
当院は埼玉県内の方より埼玉県外の方の手術の方が多いのが特徴です。当院への到着時刻が遅れる方は、あらかじめご連絡ください。電話048-795-4760まで。

埼玉県さいたま市地図

さいたま新開橋クリニック肛門科の地図は下の地図をクリックしてください。


大きな地図で見る
アクセス(来院の5つの方法)
専門クリニック施設紹介
手術室 CT装置 内視鏡 眼科
病室(個室 4人部屋) 食事
学術、学会上の紹介
 おすすめサイト
さいたま新開橋クリニック (医療法人よしわ会) All Rights Reserved.