本文へスキップ

さいたま新開橋クリニックです。

クリニック案内(電話 048-795-4760)clinic guide

院長経歴とごあいさつ

院長写真

米国 BWW社刊「21世紀初期の500人の偉大なアジア人」(500 great Asians of the early 21st century) の院長のページです。10年ほど前の写真ですがどうぞよろしくお願いいたします。
また、夕刊フジに掲載された記事(こちらをクリック)を紹介いたします。

経歴 医師 医学博士
1985年 浜松医大卒業
1985年 自治医科大学レジデント
1999年 英国セントマークスホスピタル留学
2000年 自治医大 講師
2003年 国際医療福祉大学 助教授(准教授)
2007年 さいたま新開橋クリニック 院長

診療について

内科(胃腸科)・肛門科・眼科・泌尿器科を中心に、診療をしています。

内科は消化器疾患(胃腸科)と肛門科を中心に一般診療も行っています。大腸内視鏡検査、鼻からの胃内視鏡検査、カプセル小腸内視鏡検査、カプセル大腸内視鏡検査、CT検査など随時行っています。また、肛門疾患も専門的に検査、治療を行い、薬による治療から手術治療まで(日帰り、入院を含めて)診療しています。
また、超専門的には直腸がんの手術から、人工肛門にならないための新肛門再建手術まで、手術治療を行っています。
2014年8月から神山剛一先生が常勤医として診療に加わりました。専門は院長と同様の範囲で、特に日本で数少ない機能性大腸疾患の超専門家です。協力して診療に当たりますので、よろしくお願いします。(2014年10月1日NHK[ためしてガッテン」に出演します。大腸と便秘がテーマだそうです。当クリニックの第1診察室で撮影されました。インタビューされた患者さんも当院通院中の方です)

副院長は眼科専門医で、火曜日を除く、月曜日から土曜日まで午前中診療しています。土曜日は不規則ですのでご連絡ください。眼科診療は検査の都合上、予約を入れていただくと便利です。事前の予約をお願いいたします。

また、第2第4水曜日午後は循環器専門医(松村先生)による診療、第1第3土曜日午前は泌尿器専門医(小林先生)による診療を併せて行っています。