本文へスキップ

  ここは「大腸・肛門、そして骨盤底の疾患」に特化した、ウェブ情報サイトです。大学病院でのスモールレクチャーに基づいて作られました。
  スモールレクチャーとは、学生や研修医に対してベッドサイドやカンファレンス室で行われる、臨床に即した小規模の講義で、自由な雰囲気で行われるものです。

大腸・肛門・骨盤底疾患スペシャル61

【包茎は手術するべきか、受けるべきか。わたしの裏技手術】

包茎は病気なのかどうか。という問題について、話したいと思います。

おそらく、狭い意味では病気でないと思います。ですから、仮性包茎は、保健医療となっていませんし、行過ぎた手術を勧めている週刊誌のコマーシャルなどを見ると、医学というよりも、「商売」を感じてしまいます。

人に見せるところではない上に、性的に複雑な部位ですから、誤った情報で、若い人は、簡単に、操作されてしまう、そういう病気です。

また、新聞や週刊誌の記事などにまったく無反応な人も、います。手術してあげたくなってします、他の病気で入院して、たまたま、ひどい包茎があるのがわかった人など、どういう神経をして、今まで、暮らしてきたのかと思ってしまう、ことも、あります。

ここでは、どういう包茎が、手術したほうが良くて、どういう包茎が手術しなくても言いか、それは、論じません。というより、文章では、説明しづらいからです。

ところで、包茎が、病気と非常に関係するということは、いえます。

ここで紹介するのは、エイズの感染率が、包茎の手術を受けた人と、受けるまでに約2年間待った(というか、待たせた)人とで、とても違ったという、興味深いデータを紹介します。

これは、南アフリカで研究された話で、国際エイズ学会で報告された研究です。

包茎の手術をすぐにした人と、2年間(正確には20ヶ月間)待たせて、手術する人では、その2年間にエイズになる確率が、65%も違ったというのです。つまり、包茎の手術を受けて包茎が治った男性は、包茎の男性に比べて、ヘイズになりにくかったという結果でした。

これは、とても大切なデータです。包茎は、その包皮の内側に、汚いものがたまりやすいのは、周知の事実です。それとエイズとの感染が関係あるのでしょうか。

それから考えうることは、他の性病でも同様ではないかということです。エイズの感染者が多いアフリカではエイズが、とても大切ですが、エイズが、今のとこと少ない日本では、それ以外の性病が、この調査と同じように、包茎の治療によって、かなり防がれる可能性があります。

つまり、包茎では、なかなか、きれいになりきれない、という当たり前の結果でした。

 

注意事項として、申し上げれば、これは、行過ぎた包茎の手術を奨励する週刊誌の記事とは異なります。というのは、エイズをはじめとして病気の予防は、包茎手術だけでは到底成り立たないからです。感染予防のために包茎の手術を受けるというのは、やはり、ナンセンスです。

しかし、常識を裏付けるデータではあります。

 


【the web 大腸・肛門・骨盤底疾患スペシャル】


  大腸・肛門・骨盤底疾患スペシャルの目次
001 このフェブサイトについて
002  なぜ、大腸・肛門・骨盤底の疾患に特化したホームページを作ろうとしたのか?
003  大腸ポリーがありますよ、といわれたら
004  大腸がんの話
005  22歳女性の肛門癌
006  大腸癌の危険率、そして、検診の確認の甘い罠
007  直腸カルチノイド
008  直腸カルチノイドの怪
009  潰瘍性大腸炎と大腸癌
009-2  潰瘍性大腸炎に大腸がんができやすいの?本当なの?
 010  クローン病
 010-2  大腸クローン病
 011  虚血性腸炎
 011-1  虚血性腸炎
 012  薬剤性腸炎=出血性腸炎
 013  抗生物質による偽膜性腸炎
 014   しばらく、感染性腸炎の話をします。
 015  O157腸炎 (O157大腸炎)
 016 トラベラーズ腸炎
 017  ノロウイルス腸炎
 017-2  胃は吐くために進化した臓器である
 018  MRSA腸炎
 019  骨盤炎 ダグラス窩膿瘍
 020  放射線性腸炎
 021  恐るべし、放射線治療後の膀胱
 022  閉塞性大腸炎
 023  腸閉塞と例え話あるいは、例え話の閉塞状況
 024  急性虫垂炎の24歳の女性
025   シマウマのような12歳の少女の虫垂炎
 026  卵巣がんのダグラス氏窩転移
 027  過敏性大腸症
 028  偽性腸閉塞症
 029  慢性便秘
 029-2 便秘ですか
 029-3
 大腸は便秘するためにある。
 030  巨大結腸症とS状結腸過長症
 031  肛門病スペシャル
 032
 肛門病スペシャルの名にふさわしい、ザ裂肛
 033  内痔核 その対称性の乱れ
 034  痔と直腸癌
 035  内痔核の話を続けましょう。
 036  痔と直腸癌 痔という病気
 037
 直腸異物
 038  肛門管の話を続けましょう
 039  内痔核の分類  Goligher分類
 040  骨盤底筋群ということばが好きな理由
 041  陰部神経のドグマ
 042  陰部神経の新しい検査法の開発には理由がある
 043  陰部神経潜時測定で何がわかったのか
 044  肛門を評価する(1)マノメトリーという准基本検査の罠
 045 肛門を評価する(2)デフェコグラフィー
 Defecography 排便造影)について
 046 肛門の“8の字ダンス”
 047  ポリープをとってほしかった
 048  大腸ポリープに対する切除法 blood patch EMRという方法
 049
 別稿 大腸ポリープに対する安全な新しいポリペクトミー(EMR)の方法
 050  診療の秘訣 ブラッドパッチEMR
 051 打撃フォームを変えるにも等しいこと
 052  欠番
 053  消化器外科医の実力
 054  新聞や雑誌に載る「病院の実力」の意味するもの
 055  セカンドオピニオン ブルース
 056 セカンドオピニオン 異聞
 057  不信感という時代のキーワード
 058  そう説明してくれればわかります
 059  セカンドオピニオン異聞 裏の裏
 060  文系のための医学誌
 061  包茎は手術するべきか、受けるべきか。わたしの裏技手術
 062  太ることと大腸癌
 063 さいたま新開橋クリニック
 064   直腸癌は疫学的に異なるカテゴリーに属する
 065  大腸癌の原因は肉食???本当に本当なの?
 066  盲腸ポート
 067  最善を尽くしましょうと請け負っていた外科医が
 068  病気が顔を変える